ガリバーフリマを使って、半年で車を2台購入してみた経験により記述して参ります。

 

 

⒈はじめに

 

東京で生活をしていた頃と違って、地方にいると車が必需品になります。関東では、観光地に行く時は電車を使ってあとはタクシーで簡単に様々なところへ行けますが、地方の観光地は本当に車が無いときびいです。という事で、地方に暮らし始めてから車をガリバーフリマで買ったお話をしていきます。

ガリバーフリマで車を買おうとしているあなた、これを読んでから再度検討してください。

 

ちなみに私がガリバーフリマを利用した理由は、探していた個体が、車検めっちゃ残った状態で売っていたからです。古い車のデザインが好きなので、中古車しか選択肢にないというのもあります。(本音を言うと、BMWのi8が欲しい。笑)

付き合いのある整備工場もあり、ある程度の車両の知識もあり、ebayでも買い慣れているし(外車の持ち主には大人気のebay)、万が一、不良があっても50万以内で直せるだろうし全塗装で40万使っても安い!と考えていたので即購入でした。

 

本題に入っていきます。

 

 

⒉ 仕組みは良いが、お客様第一では無い理由

 

はじめに、ガリバーフリマのだいったいの仕組みを理解していただくと、ガリバーフリマ事務局のよろしくない対応の答えが見えてきます。笑

主張しておきたいことは、ガリバーフリマがダメなのではなく運営主体組織であるガリバーフリマ事務局がダメ、という感じです。

 

まず、皆さんご存知の「Gulliver(ガリバー)」を運営している『株式会社IDOM』がガリバーフリマも運営している企業となります。Gulliver店舗が全国的に広がったことにより、ガリバーフリマが円滑に運営されています。どういうことかというと、下の図を見ると分かるように、全国あらゆる地域の人々が全国の人々に向けて個人間売買できるようになったのです。ガリバーフリマのサイトを見てもらうと分かるのですが、出品されている車がどこの都道府県のものなのかは記載されていません。店舗間輸送によって成り立っているということです。

 

⒊ ガリバーフリマ事務局の対応が良くない

 

次に、上の図に記載のある通りガリバーフリマ事務局というのが厄介な存在です。某ガリバー店舗の店長さんとお話ししましたが、ガリバーフリマ事務局への苦情が結構あるらしいです。主な原因は、対応が遅い・予期できていたミスだと思います。実際、ガリバーフリマ事務局の社員はいったい一人で何件の取引件数を同時に扱っているんだ!?と疑問に思うくらい適当な対応の印象は受けました。

そもそも、シンプルにマニュアル化すれば防げるものが多いような印象です。

 

自分もイライラはしましたが、他より安く買ったから仕方ないと自分に言い聞かせました。

それにしても、「安いからそれ相応の対応だよ」と言われているような気がしてまた腹が立ちそうになったのも覚えております。笑

 

買い主側からすれば、お金を払った後なのに連絡が来ないとなると不安になるのは当然です。ここで一つ言いたいのは、ガリバーフリマで高いお金は絶対に払うな、ということです。お金を払って気持ちの良い買い物をするなら絶対に現車確認のできる店舗が良いです。新車ならディーラーへ、中古なら信頼できる販売店へ。ガリバーフリマを使って思ったことは、あのサービスの質だと50万以上は絶対に出したくないなという感じです。ガリバーフリマの車両価格は、販売店の中古車より圧倒的に安いので50万以内でも結構あります。しかし、対応には期待しないほうが良いです。

 

お金を払った後に、納車までの期間はおよそ30日間となっています。しかし、自分の場合は2ヶ月以上かかりました。支払い後1ヶ月が経ち、連絡しても「店舗側にまだ到着していないようです」と答えるだけ。売り主の最寄り店舗と売り主の連携が取れていないことに加え、店舗と事務局の連絡もちゃんとできてないような始末でした。

又、2台目購入の時は、車は届いているけど書類が届いていなくて名義変更できません〜・・・という状態でした。これも支払いから1ヶ月過ぎていました。というか、車両を預かった時に書類も一緒に手配しろよぉ・・・。

気長に待って待つよ〜というスタンスの人は大丈夫です。自分の場合は納車予定を聞いた後に、延長、延長、という事が起きたのでスケジュール合わせるのに面倒で腹が立ちました。笑

 

ガリバーフリマは売買手数料もちゃんととるし、輸送費用もちゃんと取るんだから、店舗側にちゃんと利益を分けて売り主との連携を取れるような体制にすれば良いのに、と思う次第です。フリマ事務局との採算が合わないなら、もう少し細かい部分を詰めるべき。CMで広告費を垂れ流す前に、もっと大事な事があるよなーと思った次第です。

 

店舗側からすれば、ガリバーフリマの納車受け渡し等の仲介はボランティアみたいなもんだそうで、こんな状況になっているのだと思います。

 

手数料上げてもいいから、改善されれば良いのですがね。

自分のような古い車好きはいると思いますし。

 

結論

安い車を、気長に待てて、あまり車の状態にこだわらない人は、ガリバーフリマ。

 

 

P.S.

これからも高齢化が進み、車に乗れないおじいちゃん達が増えると思います。そんな方々が車庫保管していた良い状態の中古車が日の目を浴びる仕組みを誰か作ってください。お願いします。

 

 

R design HIROMU