はじめに

最近では、46時中必ず何らかのSNSに時間をとっている人が存在します。

FacebookやTwitter、Instagramなど、若い世代の人々は連絡先の交換と同時に、これらの友達申請を出し合います。

プロフィール画面に自分の写真を入れることが好印象を持たれますが、自分だけのオリジナルのロゴを入れると見た目は綺麗になります。

そんな、自分だけのロゴを無料で作れるロゴを個人利用したい人にとても役立つサイトを発見しました。

企業や事業主にはお勧めできませんが。というのも、ロゴは企業や事業を表現する顔になりますのでコンセプトや背景などから作る必要があります。機械的に既存のテンプレートからの組み合わせによって作られるロゴは、企業や事業主に使えるとは言えません。知名度とロゴは重要な関係性を秘めています。

 

 

 

無料ロゴ作成サイトHatchful

無料でロゴが作れるということで、サイトをポチポチしているとものの2,3分で作れてしまいました。
しかも、けっこうな量のロゴが出てきてちょっとビックリしました。

そのサイトはこちら ➡︎ Hatchful  https://hatchful.shopify.com/

このような感じのトップ画面が出てきます。青いボタンの【GET STARTED】を押すと、早速ロゴ作成が始まりました。

どこで使うわけでもないですが、ロゴを試しに作ってみました。

 

STEP1 あなたの職種を選べ的な質問に答える

STEP2 ロゴに入れる名前を入力する

STEP3 ロゴの特徴で好きなものを選ぶ

 

こんなチョチョイのチョイで数々のロゴが出てきました。

しかも、予想してた以上に出てきたので少しビックリしました。

 

上のスクショした数より結構多かったです。テンプレートの数が100あるみたいなので、100あるのでしょうか。数えていないのでわかりませんが。

 

ロゴの意味

ロゴは何も考えなければ、誰でも作ることができます。しかし、企業や事業のロゴはやはり特別なものです。思い入れも違いますし、企業そのものとともに未来へずっと付き添うものです。

デザイナーは顧客とともに考えに考えて、思いをカタチにします。機械的なものに仕事を取られる日はそう来ないと思います。
会社概要などのアンケートからコンセプトを作成してデザインしていくようなAIが登場したら少しビビるとは思います。

機械化に成功すれば安くなることは間違い無いです。

何しろ、大半の人が全てのことを「安くで抑えたい」と思っているのが現実です。

どこにお金をつぎ込むか見極めることが重要になってくると思います。

大事な所にはお金を使ってください。

 

最後に

Hatchfulで作成したロゴはこんな感じにできました。

にしても、よくできたものですよね。

しかもダウンロードするときのファイルには、Facebook/instagram/pinterest/twitter/youtubeのプロフィール画像サイズが生成されていました。
何とも優しいです。

面白かったので、皆さんも是非使ってみてください。

 

※ ご利用規約はグーグル自動翻訳を使ってでも、目を通してください。

 

 

R designの値段を見にいく